うりやま情報部

新商品からスポーツ・政治まで様々な有益情報をお伝えします!精一杯心を込めて書きますので、楽しんでいってくださいね( ^ω^ )

ニュース

アニソン歌手のchouchoが大腸憩室炎で入院!?どんな病気でいつ復帰か?

投稿日:

みなさんこんにちは。
ブログ主の「うりやま」です。

今回は人気アニメ歌手のChouchouさんが大腸憩室炎になってライブが中止になったことについて記事にしたいと思います。みなさん大腸憩室炎という病気を知っていますか?自分は知りませんでした。

さて今回は大腸憩室炎とはどんな病気なのか?またChouchoさんの復帰時期はいつなのか?
そんなことについて紹介していきたいと思います。

 

 

大腸憩室炎とは?

大腸憩室炎ってどんな病気なのでしょうか?
憩室というのは消化管の壁の一部が、膨らんだ状態のようになった状態になることを言います。この憩室は消化管のいろんな場所にできますが、この憩室が大腸にできた場合大腸憩室炎という病気になります。

実はこの大腸憩室炎という病気は原因が明らかになっていません。しかしおおよその見当はついており、それは食生活ともストレスとも言われています。
また野菜などのを取らないで食物繊維の不足の欠乏が原因でもあるかもしれないと言われています。

私はChouchoさんが憩室炎になった原因は、ストレスではないかと思っています。ライブの直前に発症しており、緊張してストレスガタッ待っていたのではないかと予想しています。

症状としては、とにかくお腹が痛いということです。これは相当痛いようで救急車で搬送されてしまう人も多いようです。ただお腹が痛いだけだと思って放置していたら酷くなっていたという事例もあるようです。

 

 

憩室炎の治療方法は?

憩室炎の治療方法は保存的治療と外的治療があります。

保存的治療というのは絶食や点滴などによって、腸内の活動を最小限に抑えて腸内の炎症を抑える治療のことです。この治療方法は安全なのですが、軽症で合併症がない場合にしか治療できない方法でもあります。

外的治療は保存的治療ができないときに行われます。この外的手術というのはいわゆる手術のことです。この外的治療は合併症の危険によって様々な手術方法に分けられます。

 

 

いつ復帰するの?

この憩室炎というのは早期発見だと意外と簡単に治すことができます。軽症の場合は外来で3〜5日で治るそうです。

今回Chouchoさんは急遽入院したということで軽症ではなかったと思われます。点滴治療だったとしても手術だったとしても復帰までには最低でも1週間はかかるでしょう

早く治ってほしいですね。







-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

豊田真由子はサイコパスの議員だった!?辞職したが裁判や逮捕の危険も?

みなさんこんにちは。 ブログ主の「うりやま」です。 今話題になっている豊田真由子さん。今様々な暴言や暴行が発覚していますよね。それで今回はとうとう議員を辞職することを発表しました。 このことで本当に今 …

no image

なぜ演歌歌手の超大物の細川たかしがバラエティーの人気者に!?性格が悪い?

こんにちは、こんばんは、おはようございます。 ブログ主の「うりやま」です。 演歌って興味ありますか?現代っ子からしたら演歌よりも洋楽やJ-popの方が好きな人が多いと思います。 かくいう私も正直演歌に …

no image

北海度限定の白いブラックサンダーが美味しいと評判!販売場所や値段は?

みなさんこんにちは。 ブログ主の「うりやま」です。 チョコレートって美味しいですよね! 自分が好きなチョコレートは、チロルチョコのコーヒヌガーやキットカット、ガーナミルクの板チョコなどたくさんあります …

木村郁美アナウンサーにガン転移の疑惑が!?激ヤセの原因は何?

みなさんこんにちは。 ブログ主の「うりやま」です 今回はTBSアナウンサーの木村郁美さんについて紹介していきたいと思います。木村郁美さんですが実は壮絶な人生の持ち主だったんです。その壮絶さが体にも表れ …

行方不明の桑原美羽ケイラは可愛いことで有名!?ツイッターは?彼氏は誰?

はいどうもこんにちは。錦織圭の全仏オープンが地デジで見れて嬉しいブログ主の「うりやま」です。最近恐ろしい事件が次々に起こっていますね。今日は誘拐事件だそうです。 なぜ誘拐されてしまったのか。今回は誘拐 …

こんにちは、こんばんは、おはようございます。三度の飯よりも睡眠三度の飯よりも睡眠が大好き。主の「うりやま」いいます。このブログでは、最近話題になっているトレンドを、どこよりも早く紹介します。友達との話題づくりのために、ここの記事を読んで見てはいかがでしょうか?